甘いワキガの対処法とは

ワキから甘い匂いがするという場合には、甘いワキガの可能性があります。体内でケトン体という物質が増えた場合、甘いものが腐ったような臭いが発生することがあり、飢餓臭とも呼ばれています。食事を控えるダイエットなどをした際に増加する物質で、栄養をしっかり摂れば解消します。過度なダイエットを行ってワキから甘い匂いがしている場合には、バランスの良い食事をとることが対処法になります。また、皮膚にアンモニアが多く含まれる場合に甘い匂いがする場合があります。運動不足、不規則な生活、ストレス、過度な緊張が原因とされています。生活習慣の見直しをすることで解消が期待できます。また、病気によって発生している場合があります。とうもろこしのような臭いがする場合には、ワキガではなく、糖尿病の可能性があります。わきが臭としてでている場合は、動物性脂質の摂り過ぎが原因の場合があります。肉ばかり食べていると、とうもろこしのような甘いワキガ臭がすることがあります。また、とうもろこしが原料となっているバーボンを大量に摂取した場合にも臭いがでる場合があります。糖尿病の場合には、尿からも甘いにおいがする場合がありますので、当てはまる場合には医師による治療を受けることをおすすめします。病気が原因でない場合には、有酸素運動をし、しっかりと睡眠をとることが大切です。生活習慣の改善と共に、ワキ自体のケアも大切です。渋柿エキスが含まれているものや緑茶エキスが含まれているものは殺菌効果があるのでおすすめです。