トラブルを避けて人にお金を借りる方法

お金を知り合いや親せきなどから借りる場合、たとえ少額であっても人間関係に亀裂を生みやすいので注意が必要です。高い利息などが発生しませんし、貸す側の素性がはっきりしているのでリスクは少ない反面、人間関係には影響が残りやすいのです。
ちなみに、トラブルを回避しながら人にお金を借りる方法もあります。口約束でお金を借りるのではなく、借用書を作成しておくことです。書面で諸々のことをはっきりとさせておけば、相手もお金を貸すうえで安心することができますし、返済に絡んだトラブルが起こる確率が大幅に下がります。
次に返済できる範囲でお金を借りることです。期日までに返済できない場合は、遅れれば遅れるほど相手からの信頼をなくしていくことを覚悟しなくてはなりません。本当に必要な金額には足りなくても、返済しにくいような大きな金額を借りようとしないことが重要です。
そして、トラブルにならないために人にお金を借りる方法として一番大切なのは、うそをつかないことです。どうして借金をしなければいけない羽目に陥ってしまったのか、たとえ相手から嫌われかねないことでも正直に事情を打ち明けましょう。お金を借りておいて、さらに大事なことを隠していたということがもし後から分かったとしたら、相手との関係を修復することも難しくなってしまうでしょう。返済する場合は、利息としてお礼に何か渡しておくといいでしょう。感謝の気持ちもしっかり伝えることは無駄ではありません。
http://xn--t8j0gd8443ac0qsl0ckhxa.com/